体に良い乳酸菌はサプリメントで補うことができる

婦人

ホルモンを整えましょう

婦人

更年期障害の原因には大きく二つの要素が考えられます。一つ目に卵巣機能の低下が挙げられます。月経不順や閉経など、更年期に伴い卵巣の機能が衰えていきます。そのため女性ホルモンが減少し、体や心にさまざまな症状を発症させます。原因の二つ目には体質があります。生理痛において個人差があるように、更年期障害にも症状の感じ方が人により異なります。たいして気にならない場合もあれば薬を飲まなければ生活に支障が出るほどの重い症状に陥ることもあります。環境の変化に対応できるかはその人の気質のため、食材や漢方薬などにより体の変化に柔軟に対処していきましょう。改善にあたって体に現れた症状だけでなく、大元の原因であるホルモンの減少に注視した方法を行うと効果的です。

更年期障害には、自律神経の乱れからホットフラッシュが起きたり、日光過敏症のような皮膚のかゆみを伴った変化が現れます。膀胱の筋肉も委縮していくと頻尿や尿失禁の症状もあり、さまざまな部位に対して対処が必要と思いがちです。これらの原因となっている女性ホルモンの働きを整えるためにはホルモンの補充治療が必要です。その代表的な食材に大豆があります。大豆に含んでいるイソフラボンは女性ホルモンに似た働きをする要素が含まれており、更年期障害の症状を緩和させるためにお勧めの食材です。また、薬以外にも女性ホルモンであるエストロゲンを補充することのできる成分にプエラリアがあります。漢方薬ではマカや冬虫夏草を長期に服用することで効果が現れる場合があります。少しずつホルモンバランスを意識した生活に切り替えていきましょう。

Copyright © 2016 体に良い乳酸菌はサプリメントで補うことができる All Rights Reserved.